コラムページ|白井市、西白井駅で歯科をお探しの方は和奏デンタルクリニックまで

コラムページ

口の中をけがしたときは、最初にどこを見る?

2018年6月29日

口の中から、たくさん血が出ていたり、歯がグラグラすると、その部分に気を取られがちですが、他の場所、目や頭をぶつけていないかを確認してください。
お子さんがけがをするときは、ほとんどが、大人が見ていないないか目の周りや耳の後ろなどに、あざができていたり、吐き気があるとき、元気がなく、ぐったりしてるときは、歯科医院より先に、小児科などに先にいってください。

お口の中のケガは、大量に出血してるように見えますが、唾液と混ざってるだけで、実際は、それほど出血はしてません。きれいなガーゼで押さえてあげてください。血を飲み込むと吐き気がする場合がありますので、血は吐き出させるようにしてあげてください。

①歯をぶつけた‼
ぶつけた直後は何ともなくとも、後から痛みが出てくることはあります。歯と歯ぐきのすきまから血が出てるときは、歯が揺れていたり、歯の根っこが折れてる場合がありますので、夜になって痛みがひどくて眠れないということにならないように、歯科医院へ行きましょう。

②歯が折れた‼
折れた部分がそれほど大きくなければ、プラスチックをつめて、補修することができますが、神経の入口が見えるくらい損したのであれば、麻酔をして、神経をとらざるを得ません。

③歯が丸ごと抜けた!!
抜けた歯を持って一刻も早く歯科医院に行きましょう。その際、必ずすることは、抜けた歯は、牛乳につけてもっていくことです。なぜ、牛乳なのか?それは組成が生体と似かよっているからです。
歯の周りの細胞がとても重要なので、汚れていても、水で洗ったり、布で拭いたりしないでください。できるだけ、歯の根っこに触らないようにしましょう。