コラムページ|白井市、西白井駅で歯科をお探しの方は和奏デンタルクリニックまで

コラムページ

虫歯の予防にはチーズが活躍する!

2018年7月23日

あまり知られてませんが、チーズには、リン酸やカルシウムがたくさん含まれてます。リン酸には、唾液のpHが酸性に傾き、歯の表面が溶けて、虫歯になるのを防ぐ作用があります。また、カルシウムが唾液中に多く供給されると、再石灰化(歯の表面からその成分が溶けだしても、再び硬い歯質に戻る。)を助けます。

虫歯になりやすい食品とは、甘いもの、砂糖がたくさん含まれた食べ物や飲み物が挙げられます。虫歯の原因菌である、ミュータンス菌が砂糖を分解し、酸を産生し、虫歯を作ります。これは、砂糖だけに限らず、炭水化物全般に言えます。

これに対し、虫歯のリスクを下げるのがチーズです。水分の少ない、熟成期間の長い、ハードタイプのチーズは、虫歯のリスクを低くする食品として認められてます。ハードタイプのチーズとは、パルミジャーノ・レッジャー、ミモレット、チェダーなどがあります。

また、チーズは、口の中のアルカリ性を強めて、菌が溶けだすことを防ぎ、さらに、歯の表面に保護膜を形成するため、虫歯予防になります。キシリトールや食物繊維も虫歯予防に役立ちますが、チーズほどではありません。