コラムページ|白井市、西白井駅で歯科をお探しの方は和奏デンタルクリニックまで

コラムページ

寝るときは、入れ歯は外したほうがいいの?

2018年7月23日

あなたは寝るとき、入れ歯を外してますか?新しく入れ歯を入れるときは、担当の先生より、「寝るときは入れ歯を外してください。」と言われます。
何故なら、寝てるときに入れ歯をいれたままにすると、残ってる歯の歯肉炎、義歯性口内炎の発生が知られてるからです。
入れ歯を入れたまま寝てる人は、粘膜が真っ赤になり、入れ歯の跡がくっきりと残っています。粘膜の回復のために、夜寝るときは、入れ歯を外し、変形を避けるために、容器に入れ歯をいれて、なお、入れ歯洗浄剤を入れて、清潔感を保ちましょう。
ただ、例外があります。下記の人たちは、寝るときも入れ歯を入れたほうが良いと思われる人たちです。
1、歯ぎしりで、残ってる歯に過剰に歯に負担がかかるとき。
2、顎関節に過剰な負担がかかるとき。
3、残ってる歯に粘膜がきずつくとき。
4、グラグラしてる歯を入れ歯で固定してるとき。

こういう時は、昼間の時間でご自宅にいらっしゃるときは、入れ歯を外して、粘膜を休ませてください。