コラムページ|白井市、西白井駅で歯科をお探しの方は和奏デンタルクリニックまで

コラムページ

熱中症対策

2018年7月19日

熱中症とは、暑い環境や体温が下がりにくい環境で起こる、体の異常のことを言います。
自宅でできる、対策は
1)からだを冷やす。
涼しい場所に避難し、熱くなったら体を冷やすようにしましょう。また、水で絞った、タオルを首の両脇、わきの下、大腿の付け根にあてるなど効果があります。
2)ゆっくり休ませる。
衣服を脱がし、お子さんが楽な姿勢でゆっくり休ませましょう。
3)水分補給をさせる。
スポーツドリンクや経口補水液にこだわらずに、お子さんが飲みたいものを飲ませてあげて下さい。

熱中症のときは、、解熱剤を使わない。熱中症のときは、熱は下がりません。
涼しい場所で、体を冷やし、ゆっくり休ませることで、自然と熱は引いてきます。

お子さんが熱中症になったときは、ミネラルと塩分の補給が大切です。麦茶には、カリウムなどのミネラルが含まれており、食事の際には、普段より多めに飲むようにするといいでしょう。
味噌には、塩分とミネラルが含まれており、食事の際に、みそ汁を添えるのも良いでしょう。

お子さんの意識がない、けいれんしてるなど、通常時とはかけ離れてるときは、重症である可能性があります。その時は、救急車をよんで、最寄りの医療機関に急いで行ってください。