コラムページ|白井市、西白井駅で歯科をお探しの方は和奏デンタルクリニックまで

コラムページ

歯ぐきが腫れたとき、氷で冷やしてはいけない。

2018年5月28日

歯ぐきが熱を持ってるときは、温度が低ければ低いほど、早く良くなるとお考えではないでしょうか?しかし、これは間違いです。その理由を説明しましょう。

腫れてる部分は、体自体が細菌を撃退しようとしていて、血流が増えています。そこを氷で冷やすと、血管が収縮するため、血流が悪くなり、固くなってしまいます。硬くなった歯肉は、切開をいれても、排膿しないので、内圧が下がらず、腫れが引きません。血流が悪くなってるので、抗生剤を飲んでも、効かなくなってしまいます。

歯ぐきが腫れる原因は2つあり、1つは歯周病による歯茎の腫れ、もう1つは、歯の根尖の病巣によるものです。前者は、歯ぐきを切開し、排膿させ、症状が落ち着いたら、歯周治療を施す治療を。後者は根管の中を、異物をきれいに取り除き、洗浄し、お薬を交換して、病巣をなくすやりかたが必要です。